肥満は万病のもと?肥満がもたらす恐さ

>

太っていて本当に恐ろしいこととは?

肥満かどうかを判断する方法

太っているかどうかは、単純に見た目だけで判断するものではありません。
また、体重が重いというだけで判断されるものでもありません。
判断する材料として重要になってくるのは体重と体脂肪です。
今は国で定められた肥満か否かの計算式があります。
それがBMIと呼ばれるものです。
BMIはボディマスインデックスの略で体脂肪率と呼ばれるものです。BMIは「体重÷(身長×身長)」で計算されます。
例えば、170センチで70キロの人がいれば、「70÷(1.7×1.7)=24.22」という数値が算出され、24.22が体脂肪率となります。
体脂肪率の数値をもとに肥満か正常範囲かの判断をしますが、性別や年齢によっても異なってくるのが特徴です。

BMI数値による判断基準

大まかにではありますが、性別と年齢によるBMI数値での基準を紹介しましょう。
まずは男性からです。30歳未満の男性であればBMI数値が14%から20%内であれば正常値と言われています。25%以上ある方が肥満値になります。30歳以上であれば正常値は17%から23%、肥満値は25%以上とされています。
次に女性を見ていきましょう。30歳未満の女性であれば17%から24%以内が正常値、30%以上が肥満値とされています。30歳以上になると、20%から27%以内が正常値、30%以上が肥満値と判断されます。
性別と年齢によって体内で必要な脂肪分は変わってきますので、今の自分の年齢などに合わせて照らし合わせてみましょう。


この記事をシェアする